人集めのためで終わってはならない!                 均等待遇をもう少し真面目に考えよう!!

日本経済新聞で非正規労働者の処遇改善記事が何日間か掲載されています。どの内容も目的は働き手確保・人集めです。増え続ける非正規労働者に対して選別と囲い込みだけを目的に処遇を検討するという姿勢を事業主は改めるときに来ているのではないかと思います。私たちの組合員も全国の非正規労働者の方も、今生き抜くために働くという凄みと潔さを、上手く搦めとられているのが現実です。非正規労働者の処遇を改善すれば、結果、地域が豊かになっていくという主張をした事業主を見たことはありません。今、1日だけを注視すれば処遇改善と雇用確保が結びついてハッピーかもしれません。しかし、それだけで終わったのでは今起きている不幸の種はなくなりません。CUNN有期雇用PT通信も興味深い内容を配信しています。適正配分と不公正格差是正を実現して誰もが生きていける社会を造り上げよう!

CUNN有期雇用PT通信 184号はこちらです。

日本経済新聞の非正規労働者処遇改善を報じた記事はこちらです。

日本経済新聞が9月11日の朝刊で報じたパートタイマー向け福利厚生改善に関する記事はこちらです。