3月5日 札幌地区ユニオン・春季単組交流会開催!

札幌地区ユニオンは3月5日、昨年に引き続き春季単組交流会を開催します。同日は連合北海道等が主催する「2004春季生活闘争勝利 ‼ 3・5全道総決起集会」が共済ホールで開催されます。この集会参加と併せて春季単組交流会を開催します。加盟組合の皆様には既に札幌地区ユニオンからの要請文書を発送しております。2月28日(水)までに送付した参加報告書に参加者を記載してご送付ください。「2004春季生活闘争勝利 ‼ 3・5全道総決起集会」/春季単組交流会の開催要領は下記のとおりです。

      2024春季生活闘争勝利 ‼
   「3.5全道総決起集会」への参加要請等

 日夜のご奮闘に心より敬意を表します。
 年末から年明けにかけて、賃金引上げが今の日本に必要不可欠との政府意向が強く打ち
出されています。ただ、ご褒美「減税」がセットの施策推進にいたるところ、やはり国民
生活直視の感覚が欠如していると言わざるを得ません。
 今日の不景気・不況の根本は不公正格差につきます。日本全体の労働者の4割に達する
低賃金非正規労働者と雇用する中小零細事業者に集中している格差構造を是正しないかぎ
り、真の景気回復・豊かさは実現しません。残念ながらこの議論へ至らぬまま「政労使会
議」なる仕組みもスタートし、管制既製旧来春闘がスタートし、連合北海道は表題集会を
下記のとおり開催します。
 札幌地区ユニオンは労働者の処遇改善は構成組織の取り組みを基にした年間行動として
取り組むことを第11回執行委員会で確認し、方針を周知しました。よって、表題集会を
札幌地区ユニオンの総合労働条件改善行動開始の日と位置づけ、交流を深めたいと考えま
す。各構成組織の皆様におかれましては、趣旨ご理解賜り参加いただきたくお願い申し上
げます。

                   記

1.2024春季生活闘争 勝利  3・5全道総決起集会 
 日 時 : 2024年3月5日(火)18:00~19:00
 会 場 : 共済ホール (札幌市中央区北4条西1丁目 011-251-7333)
 主 催 : 連合北海道2024春季生活闘争本部
 共 催 : 連合北海道石狩地域協議会、札幌地区連合
 内 容 : ①主催者挨拶、②春闘方針提起、③決意表明、④集会決議、
       ⑤団結がんばろう、⑥閉会挨拶
 特 記 : ・各自で席を確保し着席して下さい。
       ・18時30分に交流会会場に異動。1階ロビーに集合して下さい。

2.札幌地区ユニオン2024総合生活改善行動開始交流会(春季単組交流会)
 
 日 時 : 2024年3月5日(火)
 内 容 : 交流会(酒食)のためお車不可。
 特 記 : 会場までは原則まとまって移動します。

3.参加報告:2月28日(水)までに下記報告書(送付済)に参加者を報告して下さい。

職場の労働相談はこちらへどうぞ!

労働組合結成相談もこちらへどうぞ!

札幌地区ユニオン/札幌パートユニオンへご相談を!

電 話 011—210-1200

FAX 011206-4400

  E-mail:spk-chiku-union@mse.biglobe.ne.jp

労働組合が増えれば職場・地域・世間が良くなる!

「辺野古代執行訴訟で公正・中立な立場で実質審理を求める要請書」へご協力ください

札幌平和運動フォーラムは、辺野古代執行訴訟に係る沖縄県の最高裁上告を支援すべく、公正・中立な立場で実質審理を求める要請書提出行動への参加を加盟組織等に呼びかけています。札幌パートユニオンは札幌平和運動フォーラムの加盟組織として本行動に参加します。札幌地区ユニオン加盟の組合の皆さんの積極的参加をお願いします。

                       2024年 2月13日
                       札幌平和運動フォーラム発第16号
労働組合委員長
各  級  議  員    各 位
関係団体代表者
                                          札幌平和運動フォーラム
                                          代表幹事 武 藤  敏 史
                                          代表幹事 館 山  政 人

   辺野古代執行訴訟に関し、最高裁に対して公正・中立な立場で
   実質審理を求める団体署名のとりくみ要請について

   日頃からのご奮闘に心から敬意を表します。
   さて、辺野古新基地建設をめぐる代執行訴訟は沖縄県側の敗訴となり、国は沖縄県に
 代わって設計変更申請を承認する代執行を行い、軟弱地盤が広がる大浦湾側の工事に着
 手しました。福岡高裁那覇支部の代執行裁判判決は、玉城沖縄県知事が公有水面埋立法
 に基づいて行った設計変更不承認が違法かどうかの判断をせず、国と県の対話による解
 決を認めず、普天間基地が常に危険にさらされていることを判断しない不当なものでし
 た。
   現在、沖縄県は最高裁に上告していますが、地方分権改革から逆行する国の中央集権
 的姿勢を司法が支える現状を看過することはできませんし、無謀な大浦湾の埋立工事を
 強行したことを認めるわけにはいきません。
   つきましては、最高裁に対し、憲法で保障されている地方自治の観点から厳格な審査
 を行うことを求める団体署名のとりくみを行いますので、緊急なとりくみとなりますが
 できる限りのご協力をお願いいたします。
                              
                               記
  1 署名内容 辺野古代執行訴訟で公正・中立な立場で実質審理を求める要請書
  
  2 署名用紙 署名用紙は別紙(こちら)をコピーして使用してください。
             ※団体印の押印は必ずしも必要ではありません(メール提出可)
             なお、上部組織が北海道平和運動フォーラムに加盟している単組につき
             ましては「産別タテ」の要請指示に従ってください。
  3 署名集約 3月22日(金)必着
  4 集 約 先 札幌平和運動フォーラム
             〒060-0063 札幌市中央区南3条西12丁目 北海道教育会館3F
             E-Mail spmf@beige.plala.or.jp

職場の労働相談はこちらへどうぞ!

労働組合結成相談もこちらへどうぞ!

札幌地区ユニオン/札幌パートユニオンへご相談を!

電 話 011—210-1200

FAX 011206-4400

  E-mail:spk-chiku-union@mse.biglobe.ne.jp

労働組合が増えれば職場・地域・世間が良くなる!

2/11は「第47回紀元節復活反対2・11道民集会」!

1月14日付掲載でご案内のとおり、2月11日は「第47回紀元節復活反対2・11道民集会」が下記要領で開催されます。札幌平和運動フォーラムからも参加要請を受けています。是非、ご参加ください。

                                              2024年 1月11日
                                              札幌平和運動フォーラム発第3号
   労働組合委員長
   各  級  議  員    各 位
   関係団体代表者
                                                札幌平和運動フォーラム
                                                代表幹事 武 藤   敏 史
                                                代表幹事 館 山   政 人

    「第47回紀元節復活反対2・11道民集会」への参加要請について
   
      日頃からのご奮闘に心から敬意を表します。
   さて、「建国記念の日」とされてきた2月11日は、神話をもとに明治政府が制定
  し、侵略戦争美化の道具としてきた「紀元節」にあたります。かつて日本は、皇国史
  観のもと、アジア・太平洋の人々に侵略し、植民地支配の不当な犠牲を強いてきまし
  た。1966年に当時の政府・自民党は、各界の反対を押し切り2月11日を「建国
  記念の日」としました。
   これに対して、労働組合・民主団体によって結成された「靖国神社国営化阻止道民
  連絡会議(略称:靖国共闘会議)」は、1969年から「紀元節復活反対2・11道
  民集会」を開催してきました。
   つきましては、今年度の「第47回紀元節復活反対2・11道民集会」を下記の要領
   で開催しますので、積極的な参加をお願いします。
                                  
                                   記

         1 名 称 第47回紀元節復活反対2・11道民集会
     2 日 時 2024年2月11日(日)12:30~14:30
     3 会 場 ホテルライフォート札幌 2F ライフォートホール
                    (札幌市中央区南10条西1丁目)
     4 主 催 靖国神社国営化阻止道民連絡会議(略称:靖国共闘会議)
     5 講 演 『「家族」をめぐる右派運動の現在(いま)』
           講師:能川 元一 さん(大学非常勤講師)
           ※プロフィール等はチラシをご参照ください。
     6 参加要請数
  
       上部組織が北海道平和運動フォーラムに加盟している単組につきましては
       「産別タテ」の要請指示に従ってください。札幌平和運動フォーラム直加
       盟の単組につきましては、積極的な参加にご協力よろしくお願いいたしま
       す。
                                     以 上

第47回 紀元節復活反対! 2・11道民集会チラシ(印刷はこちら)

職場の労働相談はこちらへどうぞ!

労働組合結成相談もこちらへどうぞ!

札幌地区ユニオン/札幌パートユニオンへご相談を!

電 話 011—210-1200

FAX 011206-4400

  E-mail:spk-chiku-union@mse.biglobe.ne.jp

労働組合が増えれば職場・地域・世間が良くなる!

4/13 札幌地区ユニオン第26回・札幌パートユニオン第40回 定期総会です

4月13日(土)、札幌地区ユニオンと札幌パートユニオンは定期総会を札幌市内で開催します。今回は札幌パートユニオンの40回目の定期総会を祝して久々の市民公開講座を開催します。講師に昨年4月7日参議院議員に繰り上げ当選となった大椿ゆうこ議員をお招きした講演会を予定しています。時間・場所については改めて皆さんにご案内いたします。組合員の皆さん、ご家族・知友人をお誘いの上、是非ご参加ください。大椿ゆうこさんのプロフィールはオフィシャルサイトをご覧ください。

職場の労働相談はこちらへどうぞ!

労働組合結成相談もこちらへどうぞ!

札幌地区ユニオン/札幌パートユニオンへご相談を!

電 話 011—210-1200

FAX 011206-4400

  E-mail:spk-chiku-union@mse.biglobe.ne.jp

労働組合が増えれば職場・地域・世間が良くなる!

2/7 在沖縄米海兵隊の矢臼別移転実弾演習に反対する抗議打電行動へ参加

連合北海道札幌地区連合会は2月6日付第20号発文書で、在沖縄米海兵隊の矢臼別移転実弾演習に反対する抗議打電行動への参加を加盟組織に要請しました。同演習は2月26日から3月7日までの期間に実施され、予てより沖縄県民の生活への被害・負担軽減を理由に1997年度から本道など全国5カ所で強行されているもので今回の実施が21回目となります。北海道では2023年1月にも矢臼別演習場で500人もの米海兵隊が参加する大規模な移転訓練が実施されています。北海道民の反対の声を無視し、地域の平穏な日常生活や酪農・畜産業に多大な被害をもたらしました。沖縄や北海道をはじめ米軍基地が配置される地域が負う危険・被害・不安等のリスクは須らく地域住民の声を無視する政策から生まれたものです。この政策被害打破の突破口はまず、「在日米軍基地の整理・縮小」と「日米地位協定の抜本見直し」です。以上の観点から、札幌地区ユニオンは2月7日本抗議行動に参加し下記4カ所への打電行動(打電内容はこちら)を実施しました。

➀防衛大臣 木原  稔
   〒 162-8801  東京都新宿区市谷本村町5-1 防衛省
           FAX:03-5261-8018
➁外務大臣 上川 陽子
   〒 100-8919  東京都千代田区霞ヶ関2-2-1 外務省
           FAX:03-5501-8057
➂在札幌米国総領事館 総領事 マーク・ウェベルス
   〒 064-0821  札幌市中央区北1条西28丁目
           FAX:011-643-1283
➃北海道知事 鈴木 直道
   〒 060-8588  札幌市中央区北3条西6丁目 北海道庁
           FAX:011-251-3879

2月7日の打電行動には、札幌パートユニオン、北海道季節労働組合及び北海道季節労働組合札幌地区本部も参加しました。尚、在札幌米国総領事館は着信拒否状態です。

職場の労働相談はこちらへどうぞ!

労働組合結成相談もこちらへどうぞ!

札幌地区ユニオン/札幌パートユニオンへご相談を!

電 話 011—210-1200

FAX 011206-4400

  E-mail:spk-chiku-union@mse.biglobe.ne.jp

労働組合が増えれば職場・地域・世間が良くなる!

3/2 平和憲法と教育の自由を守る全道集会

2月7日、札幌平和運動フォーラムは3月2日開催の「平和憲法と教育の自由を守る全道集会」について配信しました。同集会では黒岩 海映 弁護士を講師にお招きし、講演「教育の自由とインクルーシブ教育」が行われ、ZOOMオンラインでも参加可能とされています。詳細は以下のとおりです。

                                                      2024年 2月 7日
                                           札幌平和運動フォーラム発第13号
 労働組合委員長
 各  級  議  員 各 位
 関係団体代表者
                                                    札幌平和運動フォーラム
                                                    代表幹事 武 藤   敏 史
                                                    代表幹事 館 山   政 人

           平和憲法と教育の自由を守る全道集会の開催について
   日頃からのご健闘に心から敬意を表します。
   さて、全国・北海道ともに「特別支援学校」「特別支援学級」の在籍児が増え続けて
 います。2022年の小中学生児童生徒数は前年に比べて約5300人減少しています
 が、「特別支援」学級在籍児童生徒数は約1300人増加しています。
  2022年4月27日、文部科学省は、特別支援学級に在籍している児童生徒は、原
 則として週の授業時数の半分以上を目安に特別支援学級で授業を行うことを求める「特
 別支援学級及び通級による指導の適切な運用について」(4・27通知)を発出し、分
 離教育を助長しています。
   こうしたなか、国連障害者権利委員会は2022年9月、日本政府に対して4・27
 通知の撤回を求めるとともに、分離された特別支援教育を廃止してインクルーシブ教育
 に関する国家行動計画を採択すること、しょうがいのある子どもの通常の学校での教育
 を保障し、それを拒否できないようにする「受け入れ拒否禁止」条項と政策の制定など
 を求めました。しかし、当時の永岡桂子文科大臣は、現行の「特別支援教育」を継続し
、通知撤回には応じない考えを示しています。
  「平和憲法と教育の自由を守る全道集会実行委員会」では、こうした情勢を踏まえたう
えで現在の教育課題を広く周知するため、インクルーシブ社会・教育をテーマとした集会
を開催することになりました。
  つきましては、下記のとおり平和憲法と教育の自由を守る全道集会を開催しますので、
積極的な参加をお願いいたします。

                               記

 1 日 時 2024年3月2日(土)13:30~15:30(受付13:00)
 
2 会 場 北海道自治労会館 5階 大ホール(札幌市北区北6条西7丁目)
      ※ZOOMを使用したオンライン併用開催となります。
       ミーティングID/821 3240 8517
       パスコード/358562

 3 主 催 平和憲法と教育の自由を守る全道集会実行委員会
     (連合北海道・北海道平和運動フォーラム・民主教育をすすめる道民連合・
      北海道私立学校教職員組合協議会・札幌市立高等学校教職員組合・
      北海道教職員組合)

 4 内 容  講演「教育の自由とインクルーシブ教育」
       講師 黒岩 海映 さん(弁護士)
                                                                    以 上

 

23年度 平和憲法と教育の自由を守る全道集会 チラシ                    講演「教育の自由とインクルーシブ教育」 講師 黒岩海映さん(弁護士) 印刷はこちら

職場の労働相談はこちらへどうぞ!

労働組合結成相談もこちらへどうぞ!

札幌地区ユニオン/札幌パートユニオンへご相談を!

電 話 011—210-1200

FAX 011206-4400

  E-mail:spk-chiku-union@mse.biglobe.ne.jp

労働組合が増えれば職場・地域・世間が良くなる!

3/11 原発事故から13年 フクシマを忘れない! さようなら原発北海道集会

札幌平和運動フォーラムより下記「さよなら原発北海道集会」の案内が配信されました。札幌地区ユニオン・札幌パートユニオンの皆さん積極的参加お願いします。

                                            2024年 2月 6日
                                            札幌平和運動フォーラム発第12号
労働組合委員長
各  級  議  員     各 位
関係団体代表者
                                           札幌平和運動フォーラム
                                           代表幹事 武 藤  敏 史
                                           代表幹事 館 山  政 人 

        「原発事故から13年フクシマを忘れない!
        さようなら原発北海道集会」の開催について

 日頃のご奮闘に心から敬意を表します。
 さて、福島第一原発事故から13年が経過しようとしていますが、避難生活は長期化し、
原子力緊急事態宣言はいまだ解除されていません。燃料デブリの取り出しも困難を極める
なか、廃炉の先行きも見通せない状態が続いています。燃料デブリに含まれる放射性物質
は冷却水や雨水・地下水に触れ、高濃度の放射性物質を含む汚染水を発生させています。
 この汚染水を「多核種除去設備(ALPS)」で浄化処理していますが、トリチウムは
取り除くことができず、また、放射性物質すべてを取り除いているわけではありません。
 2023年8月24日、政府・東電は漁民や県民など多くの反対があるにもかかわらず
「ALPS処理水」の海洋放出を強行しました。福島第一原発は2051年までに廃炉作
業の完了をめざすとしていますが、その間、燃料デブリを水で冷却していく限り、汚染水
は発生し続けることになります。
 また、能登半島地震によって志賀原発のトラブルが相次いでいます。建設中止となった
珠洲原発も震源地に近く、これらの原発が稼働し放射能災害も加われば、近隣住民の避難
は困難を極めたことは明らかです。
 こうしたなか、被害を長期化させている福島原発事故を忘れず、ALPS処理水の問題
点や能登半島地震が明らかにした原発の危険性や避難計画の脆弱性を学習し、改めて脱原
発社会の実現をめざした運動につなげていくため、下記のとおり「さようなら原発北海道
集会」を開催しますので、積極的な参加をお願いいたします。

                   記

【さようなら原発北海道集会への参加要請】
 1 集 会 名 原発事故から13年 フクシマを忘れない!さようなら原発北海道集会
 2 日 時 2024年3月11日(月)18:00~20:00(開場17:30)
 3 会 場 北海道自治労会館 5階 大ホール(札幌市北区北6条西7丁目)
 
  4 主 催 「さよなら原発1000万人アクション北海道」実行委員会
 
 5 内 容  講演:原発は動かしてはならない 能登半島地震と福島第一原発廃炉
      講師:原子力資料情報室事務局長 松久保 肇 さん
                ※プロフィールは別紙チラシをご参照願います。
 6 規 模 200名
 
 7 参加要請 上部組織が北海道平和運動フォーラムに加盟している単組につきましては
            「産別タテ」の要請指示に従ってください。
            札幌平和運動フォーラム直加盟の単組につきましては、積極的な参加に
            ご協力よろしくお願いいたします。

原発事故から13年 フクシマを忘れない❕さよなら原発北海道集会チラシ(印刷はこちら

職場の労働相談はこちらへどうぞ!

労働組合結成相談もこちらへどうぞ!

札幌地区ユニオン/札幌パートユニオンへご相談を!

電 話 011—210-1200

FAX 011206-4400

  E-mail:spk-chiku-union@mse.biglobe.ne.jp

労働組合が増えれば職場・地域・世間が良くなる!

シンポジュウム「現代の貧困のリアル」のご案内

札幌弁護士会より表題シンポジュウムのご案内を頂戴しましたので早速掲載しました。この取り組みは「日弁連貧困問題全国キャラバン」として各地の弁護士会で2010年から継続されているものです。札幌弁護士会はジャーナリスト・和光大学名誉教授竹信三恵子さんをお招きした講演会と当事者報告等によるシンポジュウムを企画しています。詳細は下記のパンフレットをご覧ください。

現代の貧困のリアル 紹介チラシです(こちらから印刷できます)

職場の労働相談はこちらへどうぞ!

労働組合結成相談もこちらへどうぞ!

札幌地区ユニオン/札幌パートユニオンへご相談を!

電 話 011—210-1200

FAX 011206-4400

  E-mail:spk-chiku-union@mse.biglobe.ne.jp

労働組合が増えれば職場・地域・世間が良くなる!

2・24札幌集会 ウクライナ・パレスチナに平和を!

                                                     2024年 2月 1日
                                         札幌平和運動フォーラム発第11号
  労働組合委員長
  各 級  議  員      各 位
  関係団体代表者
                                                   札幌平和運動フォーラム
                                                       代表幹事 武藤 敏史
                                                       代表幹事 館山 政人

           ウクライナ・パレスチナに平和を! 2月24日 札幌集会開催
   日ごろからのご奮闘に心から敬意を表します。
   さて、ロシアによるウクライナ軍事侵攻から2年が経過しようとしています。戦場と
  化したウクライナでは激しい攻防が続き、多くの命が奪われると同時に大勢の市民が国
  内外への避難を余儀なくされています。日本政府はウクライナに軍用車両や対無人航空
  機検知システムなどを供与するとしていますが、多くの市民に犠牲が強いられているな
  か、今必要なことは戦争を長期化させる軍事的支援ではなく、両国間に立ち即時停戦を
  求め行動していくことです。
    また、イスラエルとハマスとの軍事衝突は、イスラエル軍の圧倒的軍事力によってパ
  レスチナでは破壊と殺戮が繰り広げられています。無差別爆撃は病院や学校、避難所や
  難民キャンプを直撃し、多くの女性や子ども・乳幼児の遺体が発見されています。長い
  間、イスラエル軍による占領のもとで抑圧と迫害を受けてきたパレスチナをめぐる問題
  は、国際社会が置き去りにしてきた問題であり、ガザの人々の命がこれ以上犠牲となら
  ないために、国際社会はイスラエルによる無差別攻撃を中止させ、双方が和平交渉のテ
  ーブルにつくよう働きかけるべきです。
    こうした世界情勢のなか、戦争をさせない北海道委員会では、ロシアの軍事侵攻開始
  から2年を迎える日に合わせ、ウクライナとパレスチナにおける平和を求める集会を下
  記のとおり開催しますので、積極的な参加をお願いします。

                                 記

   1 集 会 名 ウクライナ・パレスチナに平和を!2・24札幌集会
   2 日 時 2024年2月24日(土)11:00~11:30
   3 場 所 赤れんがテラス前・駅前通り側(札幌市中央区北2条西4丁目 東側)
   4 主 催 戦争をさせない北海道委員会
   5 内 容 街頭宣伝行動(デモ行進はありません)
   6 参加要請 要請数は示しませんが、積極的な参加をお願いします。
   7 留意事項
         ◇天候や道路状況によっては、集会を中止する場合があります。
         ◇幟旗や大旗を掲揚しない「旗なし行動」にご協力をお願いします。
         ◇各自、工夫を凝らしたプラカードを創作して参加してください。
           なお、プラカードなしでも参加は可能です。
                                                                     以 上

職場の労働相談はこちらへどうぞ!

労働組合結成相談もこちらへどうぞ!

札幌地区ユニオン/札幌パートユニオンへご相談を!

電 話 011—210-1200

FAX 011206-4400

  E-mail:spk-chiku-union@mse.biglobe.ne.jp

労働組合が増えれば職場・地域・世間が良くなる!

1/29街頭集会 STOP改憲!STOP軍拡! 新たな戦前にさせない

記録的な悪天候が続いています。来週早々には天気も回復しそうですが、厳しい寒さは続くようです。1月11日、戦争をさせない北海道委員会主催の下記街頭集会への参加要請が札幌平和運動フォーラムから配信されました。辺野古への基地移設工事開始を新たな戦前の始まりとさせず、憲法改悪阻止・防衛増税粉砕・武器輸出反対の世論形成に取り組みましょう。札幌地区ユニオン組合員の皆さんの積極的参加をお願いします。

                                                    2024年 1月11日
                                            札幌平和運動フォーラム発第2号
労働組合委員長
各 級 議 員      各 位
関係団体代表者
                                            札幌平和運動フォーラム
                                            代表幹事 武 藤  敏 史
                                            代表幹事 館 山  政 人

              「STOP改憲!STOP軍拡!
        新たな戦前にさせない街頭集会」の開催について

  日ごろからのご奮闘に心から敬意を表します。
  さて、1月下旬から通常国会が始まります。昨年末、岸田政権は防衛装備移転三原則と
運用指針を改定し、殺傷能力のある武器輸出解禁を閣議決定しました。日本の武器輸出政
策の大転換であるにもかかわらず、国会での議論もなく一部の実務者協議で決めているこ
とを看過することはできません。さらには今国会で憲法改正論議が本格化していくことも
懸念されます。
  こうしたなか、憲法改悪阻止や軍拡・防衛増税反対の世論を喚起していくため、下記の
とおり街頭集会を開催しますので、積極的な参加をお願いします。

                                   記
 
  1 日 時 2024年1月29日(月)18:00~18:45
  2 場 所 北海道林業会館前(札幌市中央区北4条西5丁目)
  3 主 催 戦争をさせない北海道委員会
  4 内 容 街頭宣伝行動(デモ行進は実施しません)
  5 参加要請 要請数は示しませんが、積極的な参加をお願いします。
  6 留意事項

    ◇天候や道路状況によっては、集会を中止する場合があります。

   ◇幟旗や大旗を掲揚しない「旗なし行動」にご協力をお願いします。

                                                                     以 上

職場の労働相談はこちらへどうぞ!

労働組合結成相談もこちらへどうぞ!

札幌地区ユニオン/札幌パートユニオンへご相談を!

電 話 011—210-1200

FAX 011206-4400

  E-mail:spk-chiku-union@mse.biglobe.ne.jp

労働組合が増えれば職場・地域・世間が良くなる!