会社発令の副業に長時間労働とお仕置きの懸念

厚労省の副業・兼業に関する指針が8月中に公開されることが本日の日本経済新聞朝刊に掲載されました。会社公認の副業・兼業をベースとする副業と兼業にはどうしても超長時間労働と「お仕置き」風な業務命令として活用されるのではないかとの心配が頭をよぎります。働き方改革で家庭生活時間を確保しゆとりある人生を設計しようと謳っておいて副業・兼業促進とは何か変です。

2020年8月26日付日本経済新聞朝刊に掲載された副業・兼業関連記事です。

2020年8月26日付日本経済新聞朝刊に掲載された副業・兼業関連記事のPDF版です。

以前もこの欄に掲載しました。副業・兼業というより、従前よりダブルワーク、トリプルワークを余儀なくされている方が結構います。本来、適切な賃金水準が確保されていれば、そういう働き方は無くなるはずで、それを実現するための公契約条例であり、最低賃金制度です。なので、今回議論されている副業・兼業に従事する人たちは、業務命令・指揮命令下でこき使われるというイメージしかわきません。

職場の労働相談はこちらへどうぞ!

労働組合結成相談もこちらへどうぞ!

こちらの電話をご利用ください!

札幌地区ユニオン  011-210-4195

札幌パートユニオン 011‐210-1200

労働組合が増えれば職場・地域・世間が良くなる!